<挑戦中のプロジェクト>
 ー1才(うまれるまえ)の命に向き合うお手伝い

「胎児ホットライン」設立へ


プレスリリースはこちらからからダウンロードできます。


実施期間:2019年3月14日 0:00〜5月15日 23:00

目標金額:210万円

プロジェクトの詳細はReadyforのサイトをご覧ください。


<活動報告会&胎児ホットライン説明会>

■活動報告会&胎児ホットライン設立説明会〜なぜ今、妊婦のサポートが必要なのか〜

日時:2019年3月30日(土)13時10分(受付)13時30分~16時50分

概要:

1. Fab 2018年度活動報告

2. FaB胎児ホットライン設立説明会 〜全妊婦に出生前検査が無料提供される英国におけるカウンセリング体制の紹介〜

3. 交流会


・場所:江東区深川江戸資料館 地下一階 レクホール

   https://www.kcf.or.jp/fukagawa/access/

・交通:電車利用の場合

    都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」、A3出口より徒歩3分

    バス利用の場合

    1.都バス門33系統 豊海水産埠頭~亀戸駅 「清澄庭園前」下車徒歩3分

    2.都バス秋26系統 葛西駅~秋葉原駅 「清澄白河駅前」下車徒歩4分

    駐車場 6台 無料 高さ制限 2.0mまで

       駐車場の収容台数が少ないため、電車・バス等をご利用ください。

参加費:無料  申し込みはこちら(先着120名)

懇親会:周辺会場にて(希望者のみ実費)

取材や事前のお問合せ:fab_pr@fab-support.org

担当:北森、佐野


「出生前検査」について、親子の未来を支える会の基本的な考え

私たちは

・わが子が健康であって欲しいという願いを尊重します。

・おなかの中の子どもに病気や障がいがあるかを知りたい、知りたくないという想いが理解され、尊重される社会を目指します。

・出生前に行われる検査が家族の幸せに繋がるものとなるように願っています。

出生前検査前後の相談をする