2018年度活動報告会&胎児ホットライン設立説明会

平成31年3月30日、2018年度親子の未来を支える会の活動報告を兼ねて、現在クラウドファンディングに挑戦中の「胎児ホットライン」設立説明会を開催しました。当日は、50名ほどの方々に参加していただき、幸い、報道関係者の方にも興味を持ってもらうことができ、10名弱の報道関係者もお集まりいただきました。当時の内容に簡単にご紹介します。

最初に、私たちの課題意識や現在の活動内容についてを説明しました。

2019年度は、主に昨年から進めている医療的ケア児のサポート事業に、赤い羽根福祉基金から550万円の助成金をいただくことができたので、そのご報告もしました。


その後、胎児ホットラインについての説明に。私たちは、胎児ホットラインを通して、おなかの中の赤ちゃんに病気や障がいが見つかったとき、妊婦さんがその新しい命に向き合えるような環境づくりをしていきます。電話やLien窓口は、ただ寄り添って話を聞くものではありません。意思決定の過程のどこにいるのか、情報は十分なのか、などを整理する役割を担うことができると考えています。また、わたしたちは中立的なサポートを目指していますが、それはどっちつかずの情報提供をすることではなく、色々な選択肢の先にある未来を見えるような仕組みを作る事だと思っています。そしてどんな選択をしてもその選択を支えることが大事であることーーーでもそれがものすごく難しいこと、それらをお話しました。具体的な事例検討などはしていないので、抽象的でわかりにくい面もあったかと思いますが、当事者になったことのある方々からは、こんな場所が当時あったらどんなによかったことか・・と熱い応援メッセージもいただきました。


後半は、当法人のメンバー数名がイギリスのARC(出生前検査前後の意思決定を支援するチャリティ団体)で受けた研修の一部を、プチ・ワークショップとして参加者のみなさまにも体験してもらいました。相手の気持ちを尊重すること、意思決定がいかに難しいかを感じてもらえたのではないでしょうか。


現在も引き続き胎児ホットライン開設のためのクラウドファンディングを継続しています。今年度の活動報告でも大きな進展をご報告できるよう、引き続きメンバー一同で活動を加速していきたいと思います。

(文責:北森 悦)