NPO法人親子の未来を支える会

「親子の未来を支える会」は、胎児診断を受けた人たちの心的・社会的サポートを行うために結成された、医師、患者家族、エンジニアらのチームです。(NPO法人)

記事一覧(18)

2017年もありがとうございました

【今年一年間ありがとうございました】皆さまの支えのおかげで、活動を続けることができております。改めて御礼申し上げます。簡単に本年の活動を振り返りたいと思います。■オンラインピアサポート「ゆりかご」オンラインピアサポート「ゆりかご」を年始にリリースしました。おかげさまで登録者が約80名になりました。出生前診断を受ける方、受けた方など妊娠中の答えの出ない悩みを抱えた方に少しでも寄り添えるよう取り組みを続けています。■海外医療サポート本年は、英国での胎児医療を2件コーディネート・サポート致しました。■家族サポート22q11.2欠失症候群、コーエン症候群の相談窓口を開設しておりますが、それ以外にも、出生前検査の解釈についてや中期中絶に関する相談、遺伝性疾患の告知に関する相談など、約30家族から様々な相談を受けました。引きつづき、それぞれのご家族と継続して関わり続けていきます。■キックオフイベント3月26日、雨が降り肌寒い日でしたが、約50名の方にご参加いただき、キックオフイベント「マイナス1歳の人生を変える1日」も開催することができました。NPO法人「親子の未来を支える会」を立ち上げることになった経緯、背景にある課題を改めてお話しするとともに、現在どのような活動を進めているのかを説明させていただきました。動画で当日のハイライトをご覧いただけます。https://youtu.be/odU4W541xYU